岩波講座政治哲学  4

[小野紀明, 川崎修] [編集代表]

二〇世紀前半には、既存の秩序の自明性が失われ、あらゆる前提が疑われた。この時期、政治社会への大衆の参入という新たな条件に対応すべく、さまざまな理論が噴出し、複雑に絡み合う様相を呈した。政治的主体のあり方、市場/国家関係、そして決定論と自由の相克等をめぐる多様な構想を問い直しつつ、現代の政治を理解する手がかりを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大衆と組織(ル・ボン-群衆の登場
  • ウェーバー-カリスマの来歴と変容
  • ソレル-主体の変容と想像力)
  • 2 自由主義と社会主義(多元的国家論-伝統と革新による自由の実現
  • ケインズの政治哲学-経済学における社会と国家
  • 二〇世紀前半のマルクス主義-「等価性の世界」における形式と規律 ほか)
  • 3 共同性と政治(シュミット-自由主義批判のジレンマ
  • ハイデガー-存在論的政治の可能性
  • シュトラウス-著者の責任と読者の責任と)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座政治哲学
著作者等 中村 勝己
大竹 弘二
小林 正嗣
小野 紀明
川崎 修
早川 誠
杉田 敦
西永 亮
野口 雅弘
金山 準
間宮 陽介
飯島 昇蔵
書名ヨミ イワナミ コウザ セイジ テツガク
書名別名 国家と社会
巻冊次 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.2
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-011354-0
NCID BB14972781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22381910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ウェーバー 野口雅弘
ケインズの政治哲学 間宮陽介
シュトラウス 飯島昇藏
シュミット 大竹弘二
ソレル 金山準
ハイデガー 小林正嗣
ヘゲモニー論の系譜学 中村勝己
ル・ボン 杉田敦
二〇世紀前半のマルクス主義 西永亮
国家と社会 杉田敦
多元的国家論 早川誠
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想