もっと厭な物語

夏目漱石 他著

最悪の結末、不安な幕切れ、絶望の最終行。文豪・夏目漱石の不吉きわまりない掌編で幕を開ける「後味の悪い小説」アンソロジー。人間の恐布を追究する実験がもたらした凄惨な事件を描くC・バーカー「恐怖の探究」、寝室に幽閉される女性が陥る狂気を抉り出すC・P・ギルマンの名作「黄色い壁紙」他全十編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もっと厭な物語
著作者等 夏目 漱石
文芸春秋編集部
文芸春秋
文藝春秋
書名ヨミ モット イヤ ナ モノガタリ
書名別名 ROBERT

AN ACCOUNT OF MY NEIGHBORS
シリーズ名 文春文庫 ク17-2
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.2
ページ数 316p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790046-5
NCID BB14964240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22371634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『夢十夜』より第三夜 夏目 漱石
ロバート スタンリイ・エリン
乳母車 氷川 瓏
恐怖の探求 クライヴ・バーカー
深夜急行 アルフレッド・ノイズ
皮を剝ぐ 草野 唯雄
私の仕事の邪魔をする隣人たちに関する報告書 エドワード・ケアリー
著者謹呈 ルイス・パジェット
赤い蝋燭と人魚 小川 未明
黄色い壁紙 シャーロット・パーキンズ・ギルマン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想