戦前日本の政党内閣と官僚制

若月剛史 著

[目次]

  • 課題と方法
  • 第1部 政党内閣期以前における統合(「牧民派」秩序の形成と動揺)
  • 第2部 政党内閣期における統合強化構想の展開と挫折(二大政党の統治構想と統合強化問題
  • 「法科偏重」批判の本格化と政党内閣
  • 政党内閣期の予算統制構想)
  • 第3部 政党内閣と現業官庁・技術官僚(政党内閣と現業官庁-逓信省を中心に
  • 政党内閣と技術官僚-工政会と土木系技術官僚を中心に)
  • 政党内閣の崩壊とその後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦前日本の政党内閣と官僚制
著作者等 若月 剛史
書名ヨミ センゼン ニホン ノ セイトウ ナイカク ト カンリョウセイ
書名別名 Senzen nihon no seito naikaku to kanryosei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2014.2
ページ数 258,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-026236-1
NCID BB14962948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22373823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想