日本の医療知られざる変革者たち

海堂尊 著

行政などの組織の壁を打ち破り、ドクターヘリ導入を実現させた救急医、小濱啓次。27年以上にわたって北海道・礼文島での離島医療に携わってきた升田鉄三。世界唯一の「空飛ぶICU(集中治療室)」を開発した航空自衛隊の医師、石川誠彦…。日本の医療の変革者たちをゲストに迎えたトーク番組「海堂ラボ」書籍化第3弾。シリーズ完結となる本書では、海堂尊自身も自らの「Ai導入をめぐる闘い」を語り、さらにおすすめの医療小説を紹介。医療の現場におけるリアルなエピソードと、心ゆさぶるフィクションの魅力を伝える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一人目 認知症を知り、症状を知れば、人生危うからず-新井平伊(アルツハイマー病)
  • 二人目 信念と独創の臨床研究-大藤正雄(大藤ニードル)
  • 三人目 医師は専門医になる前に、救急医になるべき-小濱啓次(ドクターヘリ)
  • 四人目 死後にも最先端の診断技術を-飯野守男(法医学者)
  • 五人目 "幻のがん"を求めて情熱と継続-工藤進英(内視鏡治療)
  • 六人目 離島における地域包括医療の構築をめざして-升田鉄三(礼文島での医療)
  • 七人目 重症度が高いほど高度な医療機関ヘ-石川誠彦(自衛隊医療)
  • 八人目 Aiの発展に貢献する診療放射線技師-阿部一之(診療放射線技師)
  • 九人目 「遵守」からの脱却が組織を変える-郷原信郎(法令遵守の問題)
  • 十人目 Aiは、死因究明制度の土台になる-海堂尊(Ai提唱者)
  • 十一人目 医療小説の大きな可能性を信じる-東えりか(書評家)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療知られざる変革者たち
著作者等 海堂 尊
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ シラレザル ヘンカクシャタチ
シリーズ名 海堂ラボ vol.3
PHP新書 vol.3
出版元 PHP研究所
刊行年月 2014.3
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-81721-7
NCID BB14959910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22374640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想