音声教育の実践

河野俊之 著

自己モニターって何?音声指導はいつやるの?○○語話者にはどう指導する?学習者の声を聞き、効果的な指導方法を考えよう!ずっと使える理論と実践法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音声教育の実際について考えるためのTIPS(音声教育のニーズについて考えてみよう
  • 発音がいい学習者とはどういう学習者なのか考えよう ほか)
  • 2 自己モニターを活用した音声教育を考えるためのTIPS(言い分けの独自の基準を考えよう
  • 聞き分けの独自の基準を考えよう ほか)
  • 3 プロソディーの教育を考えるためのTIPS(プロソディーグラフの効果について考えよう
  • プロソディーグラフの描き方と使い方について考えよう ほか)
  • 4 学習者の音声を考えるためのTIPS(国際音声記号の見方を知ろう
  • 日本語の音声を知ろう ほか)
  • 5 よりよい音声教育を考えるためのTIPS(シャドーイングについて考えよう
  • モデル会話を音声教育に活用しよう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音声教育の実践
著作者等 河野 俊之
横溝 紳一郎
當作 靖彦
書名ヨミ オンセイ キョウイク ノ ジッセン
シリーズ名 For teachers of the Japanese language tips 77 / 當作靖彦, 横溝紳一郎 シリーズ監修 第3巻
日本語教師のためのtips 77 第3巻
出版元 くろしお
刊行年月 2014.3
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87424-615-3
NCID BB14922579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22379986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想