古今東西ニッポン見聞録

林和利 著

日本について外国人が書き残した名著21冊をコンパクトに紹介!原典を紐解くための最良の案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の古層に触れる-古代〜戦国(陳寿『魏志倭人伝』-中国人が書き留めた弥生時代のニッポン
  • マルコ・ポーロ『東方見聞録』-ジパング黄金伝説をヨーロッパへ伝える ほか)
  • 2 失われし江戸文明の姿-江戸〜幕末維新(ケンペル『日本誌』-ドイツ人医師が記録した江戸〜長崎道中見聞録
  • シーボルト『江戸参府紀行』-ドイツ人博物学者による江戸後期ニッポン紀行 ほか)
  • 3 素朴の中に生きた人々-明治(イザベラ・バード『日本奥地紀行』-イギリス女性が克明に記録した明治前期の東北・北海道
  • チェンバレン『日本事物誌』-イギリス言語学者による詳細な日本文化事典 ほか)
  • 4 ニッポンの美と感性の真髄を解く-大正〜昭和(ブルーノ・タウト『日本美の再発見』-世界的建築家による日本美の深奥
  • ポール・クローデル『朝日の中の黒い鳥』-詩人の目で鋭く見つめた日本人の心と伝統文化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古今東西ニッポン見聞録
著作者等 林 和利
書名ヨミ ココン トウザイ ニッポン ケンブンロク
出版元 風媒社
刊行年月 2014.1
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8331-0564-4
NCID BB14915595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22386086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想