資産価値を守る!大災害に強い町、弱い町

山崎隆 著

東日本大震災以後、災害のリスクは高まり、住宅の資産価値の見極めは大きく変化した。さらに東京オリンピック決定で、不動産市場も急速に変化している。こうした今、どの町に、どのような家を買うべきなのか?臨海エリアの液状化を的中させた注目のコンサルタントが説く!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「資産価値の高い安全な町」を歴史で読み解く(どうなる東京オリンピック(2020年)後の不動産マーケット
  • 町の未来を「地政」と「安全」の歴史で読み解く
  • 町の盛衰を「軍需産業」と「鉄道」の歴史で読み解く)
  • 第2章 不動産に資産価値が生じる根拠とは何か(資産価値のある不動産の条件
  • マーケット分析と社会学)
  • 第3章 不動産鑑定理論から資産価値を分析する(不動産鑑定理論の効用は絶大
  • 不動産の価値は効用から生まれる
  • 収益性から不動産の価格を推定する)
  • 第4章 日本の不動産マーケットと市場特性(賃料相場と全国各地の特徴
  • 東京圏
  • 大阪圏
  • 京都圏
  • 名古屋圏
  • 九州圏
  • 東北・北海道圏(宮城県、福島県、北海道))
  • 第5章 安心な財産形成・財務戦略術(一つの篭にすべての卵を盛るな
  • マイホームは二つ以上買おう
  • 人生とサバイバル戦略)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資産価値を守る!大災害に強い町、弱い町
著作者等 山崎 隆
書名ヨミ シサン カチ オ マモル ダイサイガイ ニ ツヨイ マチ ヨワイ マチ
シリーズ名 朝日新書 448
出版元 朝日新聞
刊行年月 2014.2
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273548-5
NCID BB14897096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22370764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想