教誨師

堀川惠子 著

一四歳の夏、渡邉普相は広島の爆心地のすぐそばにいた。そこで見たものは、戦争という人間の愚かさが作りだした無用の「死」だった。後年、教誨師となってから見たものは、人間が法律という道具で作りだした罰としての「死」であった。ふたつの死とともに歩んだ僧侶の人生が語りかけること。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 坂道
  • 第1章 教誨師への道
  • 第2章 ある日の教誨室
  • 第3章 生と死の狭間
  • 第4章 予兆
  • 第5章 娑婆の縁つきて
  • 第6章 倶会一処
  • 終章 四十九日の雪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教誨師
著作者等 堀川 惠子
書名ヨミ キョウカイシ
出版元 講談社
刊行年月 2014.1
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-218741-1
NCID BB1488706X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22366191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想