日本型大衆消費社会への胎動 : 戦前期日本の通信販売と月賦販売

満薗勇 著

[目次]

  • 第1部 戦前期日本の通信販売(数量的概観と担い手の性格
  • 代金引換郵便の意義と「限界」
  • 百貨店による通信販売の日本的展開
  • 通信販売による宇治茶ブランドの全国展開
  • 婦人雑誌代理部の歴史的役割
  • 同業者組織による通信販売の規則-自転車の場合)
  • 第2部 戦前期日本の月賦販売(数量的概観と担い手の性格
  • 基盤整備の遅れと経営的対応
  • 伊予商人による漆器販売の地域的展開
  • 月賦百貨店の成立と大衆市場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型大衆消費社会への胎動 : 戦前期日本の通信販売と月賦販売
著作者等 満薗 勇
書名ヨミ ニホンガタ タイシュウ ショウヒ シャカイ エノ タイドウ : センゼンキ ニホン ノ ツウシン ハンバイ ト ゲップ ハンバイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2014.2
ページ数 424,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-026235-4
NCID BB14884403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22373929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想