名づけの民俗学 : 地名・人名はどう命名されてきたか

田中宣一 著

私たちを取り巻くすべてのモノが持つ「名前」は、どのように命名されてきたか。観察・解釈して表現した「名づけ」的命名と、未来への期待や決意を示した「名のり」的命名に分類してその実態を分析。今後の命名を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • モノの名前-プロローグ
  • 物に名をつけること
  • 生活から地名が生まれる
  • 地域名の展開
  • 家の名、人の名
  • さまざまな命名
  • 現代の命名事情-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名づけの民俗学 : 地名・人名はどう命名されてきたか
著作者等 田中 宣一
書名ヨミ ナズケ ノ ミンゾクガク : チメイ ジンメイ ワ ドウ メイメイ サレテ キタカ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 373
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.3
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05773-8
NCID BB14872255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22373976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想