チューリングの計算理論入門 : チューリング・マシンからコンピュータへ

高岡詠子 著

チューリングは、ヒルベルトの「決定問題」を研究する中で、彼が提案した万能計算機の数学的モデル「チューリング・マシン」を使って、計算という行為を徹底的に検証した。そして、手順を示すことと、計算ができることが同じであることを示した。その手順はアルゴリズムと呼ばれ、いまではソフトウェアと言われている。コンピュータの原理としてのチューリング・マシンを解説するとともに、有名な「チューリング・マシンの停止問題」も分かりやすく説明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間にとっての計算
  • 第2章 機械に計算させようという試み
  • 第3章 オートマトンとチューリング・マシン
  • 第4章 決定問題
  • 第5章 万能チューリング・マシン
  • 第6章 計算量の話
  • 第7章 コンピュータへの道のり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チューリングの計算理論入門 : チューリング・マシンからコンピュータへ
著作者等 高岡 詠子
書名ヨミ チューリング ノ ケイサン リロン ニュウモン : チューリング マシン カラ コンピュータ エ
シリーズ名 ブルーバックス B-1851
出版元 講談社
刊行年月 2014.2
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257851-6
NCID BB14865839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22375860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想