憲法への招待

渋谷秀樹 著

「憲法は私たちが守らなくてはならないものか」「憲法改正手続を定める憲法九六条は改正できるか」「日本の上空を通過する他国を攻撃するミサイルを撃ち落とすことは合憲か」など、24の問いに答えながら、日本国憲法の思想と骨格を平明に解説。社会問題となっている事象と憲法との関係をときほぐす、市民のための憲法入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 憲法とは何か(聖徳太子の十七条憲法は「憲法」か
  • 権利の規定に比べて義務の規定が少ないのはなぜか ほか)
  • 第2章 人権とはそもそも何か(人権は無制限に保障されるのか
  • 「国民」と「外国人」の間に人権保障の差はあるのか ほか)
  • 第3章 どのような人権が保障されるのか(女性の再婚禁止期間の規定は「法の下の平等」に反するか
  • 「日の丸」と「君が代」の強制はなぜ問題か ほか)
  • 第4章 政府を動かす原理は何か(内閣総理大臣の公選制に合理性はあるか
  • 国民代表が決めた法律を裁判所が違憲・無効とできるのはなぜか ほか)
  • 第5章 政府の活動内容は具体体にどのようなものか(国会は何を法律として定めることができるか
  • 内閣は「法の執行」以上のことをしているのではないか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法への招待
著作者等 渋谷 秀樹
書名ヨミ ケンポウ エノ ショウタイ
書名別名 Kenpo eno shotai
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1470
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.2
版表示 新版
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431470-7
NCID BB14859111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22379790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想