中国再考

葛兆光 [著] ; 辻康吾 監修 ; 永田小絵 訳

古代中国の天下観はいかにして現代中国の世界観へと転化したのか。伝統中国の領域はいかにして現代中国の国境となったのか。中国文化は漢族の文化なのか、複数の文化なのか。中国は西側諸国と文化衝突を起こすのか、国際平和と地域の安定を導くのか。歴史を考察して得られる理性によって民族主義的情緒を批判し、他国民と敬意をもって共存し、尊重しあう道を探る。岩波現代文庫オリジナル版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「中国」の歴史的成り立ちとアイデンティティの混迷
  • 第1章 世界観-古代中国の「天下」から現代世界の「万国」へ
  • 第2章 国境-「中国」の領域についての議論
  • 第3章 歴史-長期的に中国文化を考える
  • 第4章 周辺-十六、十七世紀以来の中国、朝鮮、日本の相互認識
  • 第5章 現実-中国と西側の文化の相違は衝突に到るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国再考
著作者等 永田 小絵
葛 兆光
辻 康吾
書名ヨミ チュウゴク サイコウ : ソノ リョウイキ ミンゾク ブンカ
書名別名 その領域・民族・文化

Chugoku saiko
シリーズ名 学術 309
岩波現代文庫 309
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.2
ページ数 160,50p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600309-8
NCID BB14840827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22383126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想