減反40年と日本の水田農業

荒幡克己 著

本書は、減反政策の過去40年の歴史を振り返ることが記述の中心となるが、政策全体の歩みを時系列的に辿る「クロニクル」としてのスタイルを採らず、テーマ別に記述している。拠って立つ分析視角は、基本的に経済学で、必要に応じてそれ以外の視角も援用した。分析手法は、簡単な記述統計的分析に加えて、一部に経済学的な手法、すなわち余剰分析、計量分析も加えている。同時に、現場取材に基づく記述によって、例証を重ねている部分も多い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 減反40年と世界の稲作-日本稲作の競争力はどう変化したのか
  • 第2章 減反40年と世界の農政-世界は農産物過剰に如何に対処したか
  • 第3章 土地利用としての減反40年-休耕田、稲単作からの脱却
  • 第4章 減反目標「配分」の40年-傾斜配分か均等配分か
  • 第5章 規制としての減反40年-未達成、ペナルティ
  • 第6章 減反政策の来し方と行く末-廃止の可能性
  • 終章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 減反40年と日本の水田農業
著作者等 荒幡 克己
書名ヨミ ゲンタン ヨンジュウネン ト ニホン ノ スイデン ノウギョウ
出版元 農林統計
刊行年月 2014.1
ページ数 817p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89732-285-8
NCID BB14839657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22366795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想