柄谷行人インタヴューズ  2002-2013

柄谷行人 [著]

"カントとマルクス"というテーマを獲得して以降の現在に至る思想の深まりを辿る単行本未収録インタヴュー十二篇を集成。『トランスクリティーク』『日本精神分析』『世界共和国へ』『世界史の構造』『哲学の起源』へと展開する思索の流れを自ら解き明かすとともに、アソシエーショニスト運動や反原発デモ、さらには"資本=ネーション=国家"の超克など、社会的危機への真摯な提言をも含んだ貴重な一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『日本精神分析』をめぐって
  • 理論への意志
  • アソシエーションとしてのバウハウス
  • グローバル資本主義から世界共和国へ
  • 可能なる人文字
  • 左翼的なるものへ
  • 世界危機の中のアソシエーション・協同組合
  • 『トランスクリティーク』をめぐって
  • 平和の実現こそが世界革命
  • 「トランスクリティーク」としての反原発
  • 『世界史の構造』から『哲学の起源』、そして「帝国論」へ
  • 民主主義を超えて、イソノミアの回帰を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柄谷行人インタヴューズ
著作者等 柄谷 行人
書名ヨミ カラタニ コウジン インタヴューズ
シリーズ名 講談社文芸文庫 かB15
巻冊次 2002-2013
出版元 講談社
刊行年月 2014.3
ページ数 333p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290225-0
NCID BB14826112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22383018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想