頼山陽の思想 : 日本における政治学の誕生

濱野靖一郎 著

[目次]

  • 序章 頼山陽とは何者なのか(既存のイメージ
  • 主著の構想と成立)
  • 第1章 頼山陽以前(中国における正統論の系譜
  • 日本における政治学の源流)
  • 第2章 「君主論」の成立-頼山陽(「勢」を論ず
  • 英断の君主
  • 統治の方法
  • 統治の正統)
  • 終章 維新前夜(「正統」論の危険
  • 公儀の崩潰)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頼山陽の思想 : 日本における政治学の誕生
著作者等 濱野 靖一郎
書名ヨミ ライ サンヨウ ノ シソウ : ニホン ニ オケル セイジガク ノ タンジョウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2014.2
ページ数 333,13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-036251-1
NCID BB14818963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22372202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想