アメリカ様

宮武外骨 著

『アメリカ様』は東京裁判の開廷日1946年5月3日に刊行された。戦争にひた走った政府や無批判に隷従していった人々を痛烈に断罪しつつ、自らを「半米人」と名乗り、アメリカを褒め殺すことで、新たな主人にしっぽを振りはじめた日本人の姿を皮肉る。入獄4回、罰金・発禁29回という輝かしい記録を持つ外骨は、本書でGHQによる検閲・削除命令を受け、日米両政府からのダブル弾圧という栄誉に浴した。巻末に弾圧を受けたジャーナリストたちの記録を外骨が綴った『改訂増補筆禍史』を抄録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 例言
  • 侵略主義でない平和理想国の日本
  • 支那は我日本の恩国である
  • 日本国民が感謝すべきアメリカ様
  • 日米親善関係の絵葉書概目
  • 亡国の基と題する絵葉書帖
  • 軍人政治の害を説いた福地桜痴
  • 奴隷根性を罵った民主的学者
  • 戦争犯罪人たる禅宗坊主等〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ様
著作者等 宮武 外骨
書名ヨミ アメリカサマ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ミ21-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.2
版表示 増補版
ページ数 232p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09603-6
NCID BB14803456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22392396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想