ことばの本質に迫る理論言語学

畠山雄二 編 ; 岸本秀樹, 谷口一美, 本田謙介, 田中江扶, 藤田耕司 執筆

言語研究は日常の素朴な疑問から始まる。ことばのおもしろさ・奥深さの発見と研究テーマの発掘をこの一冊で。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本語文法(「八百屋が2人話している」とも「この町に八百屋が2軒できた」ともいえるのはなぜか?-名詞の多義性
  • 「黄色い本棚」は本棚が黄色であることを指すが、本棚の本は黄色でなくてもよいのはなぜか?-統語操作の領域 ほか)
  • 第2章 認知文法(The door openedとはいえてもThe door hitといえないのはなぜか?-認知文法
  • The glass was broken by JohnとはいえてもThe glass broke by Johnといえないのはなぜか?-認知文法での受け身 ほか)
  • 第3章 機能文法(「きみ、最近太ったね」とはいえても「きみ、最近太った」といえないのはなぜか?-情報のなわ張り理論(1)
  • 「きみは気分が悪いようだね」とはいえても「ぼくは気分が悪いようだね」といえないのはなぜか?-情報のなわ張り理論(2) ほか)
  • 第4章 生成文法(生成文法が生物学の一分野であるとされるのはなぜか?-生物言語学の企て
  • シンタクスが自律的であるとされるのはなぜか?-言語能力のモジュール性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばの本質に迫る理論言語学
著作者等 藤田 耕司
岸本 秀樹
本田 謙介
田中 江扶
畠山 雄二
谷口 一美
書名ヨミ コトバ ノ ホンシツ ニ セマル リロン ゲンゴガク
書名別名 Kotoba no honshitsu ni semaru riron gengogaku
出版元 くろしお
刊行年月 2014.2
ページ数 357p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87424-614-6
NCID BB1477410X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22373252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想