社会運動ユニオニズム : グローバル化と労働運動の再生

山田信行 著

労働運動の「再活性化」を検証-アメリカ移民労働者の組織化の戦略と方向を実態調査から捉え、その意味と課題を分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 グローバル化という背景(グローバル化・移民労働者・労働運動
  • 社会運動ユニオニズムとはなにか-その特徴と含意)
  • 第2部 主体としての移民(移民労働者を組織することはなにを意味するのか-移民労働者の機能変容
  • 労働運動とはなにか-ネオ・ポランニー主義と「二重の運動」の多様性 ほか)
  • 第3部 組織化・制度形成・政策提言-コミュニティを基礎にした運動(組織化と社会的ネットワーク-ローカル組合と労働者センター
  • 労働者センターによる反スウェットショップ運動-チャイナタウンを超えて ほか)
  • 第4部 トランスナショナリズムという方向(「反システム運動」としての労働運動-「反システム性」の意味と所在
  • トランスナショナルな連携はいかにして可能か-論理・タイプ・事例 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会運動ユニオニズム : グローバル化と労働運動の再生
著作者等 山田 信行
書名ヨミ シャカイ ウンドウ ユニオニズム : グローバルカ ト ロウドウ ウンドウ ノ サイセイ
書名別名 Shakai undo yunionizumu
シリーズ名 MINERVA社会学叢書 43
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.1
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06790-9
NCID BB14773854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22365999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想