17歳からの死生観

山折哲雄 著

生まれた者には、必ず死が訪れる。死を見据えながら、現代をどう生きればよいのか-。小・中・高校、大学、すべての学舎で教壇に立ってきた宗教学者が次世代へ伝える、「生きること」とは何か。宮沢賢治の作品にはなぜいつも「風」が吹くのか。ガンディーの「非暴力」による運動の真意とは。高校生の生と死をめぐる根源的な質問に、宗教学者が全身全霊で応えた、感動の対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宮沢賢治から考える(「気違い賢治」
  • 風と黒マント ほか)
  • 第2章 日本人から考える(三つのキーワード
  • 心の時代変化 ほか)
  • 第3章 無常観から考える(被災者の微笑
  • この世の三原理 ほか)
  • 第4章 非暴力思想から考える(ガンディーと三等車
  • 二つの非暴力主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 17歳からの死生観
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ ジュウナナサイ カラ ノ シセイカン
シリーズ名 新潮文庫 や-49-2
出版元 新潮社
刊行年月 2014.2
ページ数 239p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-108122-9
NCID BB14764387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22359205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想