ヴァティカンの正体

岩渕潤子 著

一九世紀半ばに至るまで、広大な教皇領の支配を通じて宗教的支配者としてのみならず、地上における君主としても絶大な権力を振るったヴァティカン。黎明期より多くの地域に特派員を派遣し、情報収集、編集して世界へ向けて再発信する国際的メディアという側面を持っていた。激動の転換期を幾度となく生き延びてきたヴァティカンの、メディア戦略を歴史軸で俯瞰し、宗教改革、対抗宗教改革における生き残り策に焦点を当て、いま日本が学ぶべきことを検証する。現世での支配権を失った後、文化的存在へと変容を遂げることで、普遍的地位を強固なものにした経緯について、多角的に考察を行う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヴァティカンとは何か
  • 第1章 知の三位一体-知られざるヴァティカンの素顔
  • 第2章 知の戦略-メディアとして不動の座の確立
  • 第3章 永遠のヴァティカン
  • 第4章 日本は何を学ぶべきなのか-参考になる反面教師と理想像
  • 終章 文化立国の普遍的モデルとしてのヴァティカン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァティカンの正体
著作者等 岩淵 潤子
書名ヨミ ヴァティカン ノ ショウタイ : キュウキョク ノ グローバル メディア
書名別名 究極のグローバル・メディア
シリーズ名 ちくま新書 1057
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.2
ページ数 242,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06759-3
NCID BB14750520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22392827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想