近代仏教を問う

智山伝法院 編 ; 廣澤隆之, 宮坂宥洪 監修

明治以降の近代化の流れの中で仏教はどのように変化したのか。智山伝法院は、平成22年から24年まで、「近代仏教を問う」のテーマのもとに2名ずつ計6名の講師を招いて公開シンポジウムを開催。そこでの刺激的で大胆な提言の数々とそれらを巡る真摯な議論を世に問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代仏教を問う(近代と仏教)
  • 2 仏教の近代化とは何だったのか?(日本仏教史の中の近代
  • 仏教教団の近代化)
  • 3 真言密教の実践的展開(文化学的方法論の長所と短所
  • 二十一世紀型の真言密教を考える
  • 私たちはなぜ学ぶのか
  • 近代を問う仏教の新たな地平)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代仏教を問う
著作者等 中沢 新一
奥山 直司
安中 尚史
宮坂 宥洪
広沢 隆之
智山伝法院
末木 文美士
正木 晃
頼富 本宏
廣澤 隆之
書名ヨミ キンダイ ブッキョウ オ トウ
出版元 春秋社
刊行年月 2014.1
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-13575-4
NCID BB14735742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22366114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想