都市の環境倫理 : 持続可能性、都市における自然、アメニティ

吉永明弘 著

ロマンチックな「環境保護」から市民が議論し規範を作り出す環境倫理学へ。これまでの環境倫理学と都市研究をふまえながら、都市の持続可能性、都市における自然、都市の快適な居住環境(アメニティ)の維持という三つのテーマを軸に規範的な論点をわかりやすく提示する。身近で具体的な現場から環境倫理を考える入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境倫理学をふりかえる(アメリカの環境倫理学
  • 日本の環境倫理学
  • 「都市の環境倫理」ための基礎)
  • 第2部 都市の環境倫理(「都市の環境倫理」の問題領域と担い手
  • 都市の持続可能性、都市における自然、都市のアメニティ
  • 「都市の環境倫理」の具体化にむけて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市の環境倫理 : 持続可能性、都市における自然、アメニティ
著作者等 吉永 明弘
書名ヨミ トシ ノ カンキョウ リンリ : ジゾク カノウセイ トシ ニ オケル シゼン アメニティ
出版元 勁草書房
刊行年月 2014.1
ページ数 231p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-60260-5
NCID BB14732303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22361968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想