名取洋之助 : 報道写真とグラフィック・デザインの開拓者

白山眞理 著

米『LIFE』誌の表紙を飾った最初の日本人カメラマン。戦前の日本を世界に紹介し、"前畑、ガンバレ!"で有名な1936年ベルリン・オリンピックをルポした報道写真家は、日本のグラフ誌を切り拓いたリーダーでもあった。本書は1930年代から60年代に撮影された自身による写真作品、また河野鷹思、土門拳、亀倉雄策らと制作した『NIPPON』をはじめ、いまや伝説となったグラフ誌の数々もあわせ、名取の生涯にわたる仕事を網羅する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 皇軍-1935
  • キリスト教徒の村-1935
  • 朝鮮・満洲-1936
  • オリンピック-1936
  • ドイツ紀行-1936
  • アメリカ-1937
  • 忘れられた島-1954
  • 中国-1956
  • 中国・麦積山石窟-1956
  • ロマネスク-1959〜62〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名取洋之助 : 報道写真とグラフィック・デザインの開拓者
著作者等 白山 眞理
書名ヨミ ナトリ ヨウノスケ : ホウドウ シャシン ト グラフィック デザイン ノ カイタクシャ
シリーズ名 コロナ・ブックス 190
出版元 平凡社
刊行年月 2014.1
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-582-63489-1
NCID BB14715122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22366804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想