聴覚障害と精神障害をあわせもつ人の支援とコミュニケーション : 困難性から理解へ帰結する概念モデルの構築

赤畑淳 著

見えにくい、わかりにくい障害と言われる精神障害と聴覚障害。その両方をもつ人への援助は、まずどう意志を疎通するのかという、一つ前の段階から始まる。本書は長くPSWとして、精神保健福祉の現場で実践を積み重ねてきた著者の10年に亘る研究の一つの到達点である。5つの交互作用現象(感覚・知覚、行動、認識、機関システム、社会文化システム)を軸に、支援の困難性と対象理解のプロセスを含んだ支援の概念モデルを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 精神科病院におけるマイノリティの存在
  • 第1章 聴覚障害と精神障害をあわせもつ人への支援の特徴
  • 第2章 支援における困難性の内容と構造
  • 第3章 PSWによるソーシャルワーク実践
  • 第4章 四つの視点からみる支援行為
  • 第5章 支援の概念モデルの構築
  • 終章 IT化では越えられない壁を乗り越えるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聴覚障害と精神障害をあわせもつ人の支援とコミュニケーション : 困難性から理解へ帰結する概念モデルの構築
著作者等 赤畑 淳
書名ヨミ チョウカク ショウガイ ト セイシン ショウガイ オ アワセモツ ヒト ノ シエン ト コミュニケーション : コンナンセイ カラ リカイ エ キケツ スル ガイネン モデル ノ コウチク
シリーズ名 MINERVA社会福祉叢書 41
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.2
ページ数 194p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06711-4
NCID BB14713080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22363129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想