千年の都平安京のくらし

鳥居本幸代 著

平安朝の京都はどのような都で、人々はどのように暮らしていたか。その町並みから貴族の生活に至るまでを、図版と写真を交えて平易に解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 青龍の巻 千年の古都・平安京の誕生(四神が守護する理想のみやこ
  • 長安の都をまねた平安京の都市計画 ほか)
  • 朱雀の巻 大内裏で政を行う(大内裏の南を守護する朱雀門
  • 朱雀門で博雅三位、鬼と笛を交換する ほか)
  • 白虎の巻 天皇のくらし(内裏の正門建礼門の前で弓を射る
  • 天皇、仁寿殿から清涼殿へ住まいを移す ほか)
  • 玄武の巻 貴族のすまい(貴族の邸内に建てられた御堂
  • 極楽浄土の地と変化した宇治 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 千年の都平安京のくらし
著作者等 鳥居本 幸代
書名ヨミ センネン ノ ミヤコ ヘイアンキョウ ノ クラシ
書名別名 Sennen no miyako heiankyo no kurashi
出版元 春秋社
刊行年月 2014.1
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-48226-1
NCID BB14696866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22364447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想