日本語文学を読む = Reading Japanese Language Literature

李郁蕙 著

旧植民地において、日本語で書かれた作品たち。それらの詳細な読みをとおして、日本文学の「外枠」を問う。同質性と異質性がつくりだす、「日本語イデオロギー」の分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「日本語文学」として(「日本語文学」とは何か
  • 日本語の越境と変容
  • 日本語の占有とその壁
  • 「日本語人」の群像
  • 表現の接点)
  • 第2部 「台湾文学」として(戦前-重層化する力学
  • 戦中-拡大する周縁
  • 戦後-消え去る中心
  • 現代1-よみがえる日本文化
  • 現代2-語り継がれる「日本精神」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語文学を読む = Reading Japanese Language Literature
著作者等 李 郁蕙
李 郁〓
書名ヨミ ニホンゴ ブンガク オ ヨム
書名別名 Reading Japanese Language Literature
出版元 東北大学出版会
刊行年月 2014.2
ページ数 265p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86163-236-5
NCID BB14687446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22371216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想