日本文学からの批評理論 : 亡霊・想起・記憶

高木信, 木村朗子, 安藤徹 編

「日本文学」というフィールドで「理論の共同体」を生成する。理論する知的社交の"場"として「日本文学」を開放、開拓し、領域横断的に思考を問い直すような発信=発進力を持った理論的言説を紡ぎ出す、野心的な試み。エストニア・タリン大学で開催された国際会議(二〇一〇年九月)の成果をふまえ、国内外の論客が書きおろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 亡霊としての文法(風景和文の意匠-『源氏物語』の橋と鳥の形象
  • 身体は普遍か?-『源氏物語』における衣を読む
  • 懐かしさの解剖学
  • 文法的詩学-時間、推量、形容)
  • 2 想起される過去(霊/例としての『源氏物語』-『乳母のふみ』からの"問い"
  • 説話と自己語り-『発心集』における目撃される死
  • 形見-中世後期の仏教文学における記憶、喪失と救済
  • 海を渉る女-描かれた神功皇后)
  • 3 記憶に取り憑く理論(喪われる領土-日本アヴァンギャルド雑誌『亞』の場合
  • 「鼠三部作」から『ノルウェイの森』へ-一九七〇年の死者の記憶をめぐる村上春樹テキストの変容
  • アンネ・フランクを救う-小川洋子とメランコリック少女
  • 亡霊の時間/亡霊の和歌、あるいはインターテクスチュアリティのなかの『義経記』-未来の"記憶"/未来から来訪する"亡霊")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学からの批評理論 : 亡霊・想起・記憶
著作者等 安藤 徹
木村 朗子
高木 信
書名ヨミ ニホン ブンガク カラ ノ ヒヒョウ リロン : ボウレイ ソウキ キオク
出版元 笠間書院
刊行年月 2014.1
ページ数 332,19p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-305-70712-3
NCID BB14682409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22364664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「鼠三部作」から『ノルウェイの森』へ 深津謙一郎
アンネ・フランクを救う イヴ・ジマーマン, 小川寛大, 高木 信
亡霊の時間/亡霊の和歌、あるいはインターテクスチュアリティのなかの『義経記』 高木 信
喪われる領土 ダリン・テネフ, 小川寛大, 高木 信
形見 ハンク・グラスマン
懐かしさの解剖学 レイン・ラウド, 小川寛大, 安藤 徹
文法的詩学 藤井貞和
海を渉る女 木村 朗子
説話と自己語り アラリ・アリク, 小川寛大, 木村 朗子
身体は普遍か? ラジャシュリー・パンディ, 小川寛大, 木村 朗子
霊/例としての『源氏物語』 安藤 徹
風景和文の意匠 松井健児
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想