文学論 : 表出への実存意識

佐山広平 著

描くことによりそれぞれの生を世界に投与した作家たち。表出とは限りない孤独の中での自己存在の確認でありながら、己を世界へ投与する行為でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詩を求めて-リズムと詩語
  • 読むということの恣意性-「放浪記」と「枕草子」
  • 物語の発生試論
  • 伊勢物語試論
  • 土佐日記試論-仮象の影に
  • 再考「つれづれ考」
  • 竹取物語及び物語についての試論
  • 「眠れる美女」私論-エロチシズム幻想
  • 立原道造論-初期詩篇における前衛性について
  • 「万葉集」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学論 : 表出への実存意識
著作者等 佐山 広平
書名ヨミ ブンガクロン : ヒョウシュツ エノ ジツゾン イシキ
出版元 近代文藝社
刊行年月 2014.1
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7733-7891-7
NCID BB14680673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22353454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想