禅仏教の哲学に向けて

井筒俊彦 著 ; 野平宗弘 訳

日本の宗教と芸術の最奥へ。禅と哲学-不立文字の核心に、今日の思想と言葉で迫る。東西宗教哲学の呼応と交叉を、その最深部で捉えようとする、繊細にしてダイナミックな井筒宗教思想の冒険。英文遺著本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 無位の真人-禅におけるフィールド覚知の問題
  • 2 自我意識の二つの次元
  • 3 禅仏教における意味と無意味
  • 4 分節の哲学的問題
  • 5 公案を通じての思考と非思考
  • 6 禅における内部と外部
  • 7 東アジアの芸術と哲学における色彩の排除

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禅仏教の哲学に向けて
著作者等 井筒 俊彦
野平 宗弘
書名ヨミ ゼンブッキョウ ノ テツガク ニ ムケテ
書名別名 Toward a Philosophy of Zen Buddhism
出版元 ぷねうま舎
刊行年月 2014.1
ページ数 370,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-906791-24-8
NCID BB14640566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22436261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想