日本病院史

福永肇 著

病院の歴史を整理して、今日に至る流れをわかりやすく説明。病院が設立された事実を把握し、理解することで、視野が広がり、目線が高くなり、今日の医療制度や病院を深く知ることができる。先達の苦労や努力の跡をまとめあげた渾身の1冊。日本に民間病院が多い理由がわかる貴重な資料。歴史年表付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本での病院の萌芽-仏教の病院
  • 第2章 南蛮病院と小石川養生所
  • 第3章 ポンペの長崎養生所
  • 第4章 幕末の欧米病院
  • 第5章 明治維新と病院の開設
  • 第6章 明治の病院
  • 第7章 日本の医療システムの構築
  • 第8章 民間病院主体の日本の一般医療提供体制
  • 第9章 大正・昭和(第二次世界大戦敗戦まで)の病院
  • 第10章 海外の病院
  • 第11章 GHQの医療改革
  • 第12章 戦後から今日までの病院史と、病院の将来展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本病院史
著作者等 福永 肇
書名ヨミ ニホン ビョウインシ
書名別名 The History of Japanese Hospitals
出版元 PILAR PRESS
刊行年月 2014.1
ページ数 465p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86194-073-6
NCID BB14634778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22435126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想