M-plusとRによる構造方程式モデリング入門

小杉考司, 清水裕士 編著

新しいソフトウェア、分析環境を使って、構造方程式モデリング(分散共分散構造分析)を実践していくユーザーのための入門書。ソフトウェアの導入については、購入方法からインストールの仕方まで、Appendixに記した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 導入編(構造方程式モデリングとは
  • M‐plusの導入)
  • 基礎編(回帰分析
  • パス解析
  • 探索的因子分析
  • 確証的因子分析
  • 潜在変数を含んだパス解析
  • 多母集団同時分析)
  • 応用編(順序データのパス解析
  • カテゴリカル・制限従属変数に対する回帰モデル
  • 媒介分析
  • 項目反応理論
  • 潜在曲線モデル
  • 階層線形モデル、マルチレベル構造方程式モデル
  • 潜在混合分布モデル
  • ベイズ推定を用いた分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 M-plusとRによる構造方程式モデリング入門
著作者等 小杉 考司
清水 裕士
書名ヨミ エム プラス ト アール ニ ヨル コウゾウ ホウテイシキ モデリング ニュウモン
出版元 北大路書房
刊行年月 2014.1
ページ数 323p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7628-2825-6
NCID BB14573298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22357164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想