うつを鍼灸で治す

齋藤剛康 著

鍼灸は肩こりや腰痛など身体の不調を治すものという印象が強いが、うつ病、気分障害、自律神経失調症、睡眠障害など、心の疾患にも効果がある。本書では、心の不調に悩む現代人に向けて、鍼灸を用いたうつの治療法を紹介していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誰もがかかる可能性がある「うつ」という国民病(日本をむしばむ「うつ」という病
  • そもそも「うつ」ってどんな病気 ほか)
  • 第2章 鍼灸が身体だけでなく心に効くのは理由がある(鍼灸の誤解1-鍼は痛い
  • 鍼灸の誤解2-お灸はつらい ほか)
  • 第3章 心の病を治した10の治療事例で知る鍼灸の効果(軽い段階のうつを甘く見てはいけない
  • 重いうつを数ヶ月かけて徐々に改善させる ほか)
  • 第4章 うつの治療で重要な9つのツボ(ツボを探すための骨度法
  • うつの治療で主に使う9つのツボ ほか)
  • 第5章 家庭でも使えるうつを抑えるツボ(ストレス対策で知っておきたい7つのツボ
  • ストレス対策に有効な「労営」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつを鍼灸で治す
著作者等 齋藤 剛康
書名ヨミ ウツ オ シンキュウ デ ナオス
シリーズ名 SB新書 242
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2013.12
ページ数 175p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-7529-9
NCID BB14566328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22347662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想