ケアの倫理

ファビエンヌ・ブルジェール 著 ; 原山哲, 山下りえ子 訳

「ケア」とは、脆弱と依存にある他者に配慮することである。人間は傷つきやすく、ひとりでは生きていくことができないため、人との関係、他人への依存を必要とする。現代の競争社会において、ケアの行動は大切なものであり、その配慮をめぐって社会的な絆の問題を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ケア」の主題/女性たちの声(他者への関心:もう一つの道徳心理学
  • 「ケア」は母性ではない
  • 女性たちの不明確な声 ほか)
  • 第2章 配慮すること/リベラルな個人への対抗(人間は基本的に脆弱である、しかし…
  • リベラルな人間に対する批判
  • 十八世紀における実践哲学の転換 ほか)
  • 第3章 感受性の民主主義(「配慮する」ことのネオリベラルな用法
  • 「ケア」への家族のアプローチ
  • 配慮の実践 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアの倫理
著作者等 Brugère, Fabienne
原山 哲
Brug`ere Fabienne
ブルジェール ファビエンヌ
山下 りえ子
書名ヨミ ケア ノ リンリ : ネオリベラリズム エノ ハンロン
書名別名 L'éthique du《care》

ネオリベラリズムへの反論

Kea no rinri
シリーズ名 文庫クセジュ 987
出版元 白水社
刊行年月 2014.2
ページ数 130,6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50987-6
NCID BB14563840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22364519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想