移動する英米文学

石田久, 服部典之 編

英米文学における"移動"の問題に迫る!「冒険」「旅」「空間表象」「祖国喪失」など。イギリス・エチオピア・アメリカなどの空間移動、ジャンル間の移動、出版形態の推移など、多岐にわたる話題を縦横に駆け回る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • シェイクスピアの作品における移動と空想
  • アビシニアン・ジョンソン
  • 『生命論』と一九世紀社会進化論-コウルリッジからスペンサーへ
  • 閉ざされた空間に描く旅-キーツとソネット
  • 「小説の時代」の終焉-三巻本小説の衰退と三文文士の退場
  • 「生き埋め」のキャサリン・アーンショー-『嵐が丘』におけるゴシック
  • キャロラインの物語間移動-サッカレーの『フィリップ』再考
  • ドロシアは何も創り出せずに終わった後世のテレサなのか-「移動」で読み解くエリオットのドロシア評価
  • 『森林地の人びと』における階級移動-グレイスの結婚
  • 『人間の絆』の本国に留まる主人公について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移動する英米文学
著作者等 服部 典之
石田 久
書名ヨミ イドウ スル エイベイ ブンガク
シリーズ名 阪大英文学会叢書 7
出版元 英宝社
刊行年月 2013.12
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-269-75032-6
NCID BB14560897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22356011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想