「闇学」入門

中野純 著

古来、日本人は月光を愛で、蛍狩り、虫聴きといった闇のレジャーを多彩に楽しんだ。江戸庶民は夜を徹して富士山に登り、『陰翳礼讃』で谷崎潤一郎が「洞穴のような闇」と評した日本家屋の暗がりは西洋の建築家たちを魅了した。つまり日本人は闇の達人だった。だが今、オフィスでは一日中電灯がともり、深夜でもコンビニの光が溢れる都市から闇は駆逐されている。本書は風俗・文学・信仰・健康…などさまざまな視点から闇を見つめる。衰えた五感を再生し、地球の未来を明るく照らす、豊穣な闇世界への招待状である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 闇の現代史 光に鈍感になった日本人(光の国、日本
  • 日本人の目は光に鈍感? ほか)
  • 第2章 闇を遊ぶ 闇を使った賢い生きかた(闇に休み、闇に遊んだ電気以前の暮らし
  • 花虫風月、夜の虫を愛でる文化 ほか)
  • 第3章 夜目と夜覚の世界 五感は闇の中で磨かれる(ただ暗いだけで五感が敏感に
  • 夜目とはなにか ほか)
  • 第4章 日本の闇はやわらかい 日本文化は闇の文化(江戸時代の灯りと闇
  • 暗順応を前提とした照明 ほか)
  • 第5章 明るい未来から、美しく暗い未来へ(祭りの光は闇を意識させるためにある
  • 広重が描いた両国花火の暗さ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「闇学」入門
著作者等 中野 純
書名ヨミ ヤミガク ニュウモン
シリーズ名 集英社新書 0723
出版元 集英社
刊行年月 2014.1
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720723-1
NCID BB14541768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22360535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想