比較のなかの改憲論 : 日本国憲法の位置

辻村みよ子 著

二〇一三年、首相の口から改憲要件緩和までが声高に叫ばれ再燃した改憲論議。なかでも重要な論点-改憲手続、憲法擁護義務、押し付け憲法論、国民の義務と自由、個人と家族、非武装平和主義、国民投票の功罪-を比較憲法の視点から丁寧に検討し、自民党改憲草案の危険性と今後の議論の在り方、日本国憲法の現代的意味を再確認する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 比較憲法から改憲を考える
  • 第1章 改憲手続を比較する
  • 第2章 「改正の限界」と憲法尊重擁護義務-九九条の意味
  • 第3章 「押し付け」論再考-「自主憲法」とは何か
  • 第4章 「国民は個人として尊重される」-人権規定を比較する
  • 第5章 戦争放棄と「現実論」-平和的生存権と各国の平和条項
  • 第6章 国民投票は万能か-国民主権原理
  • 終章 「政治の論理」と憲法改正のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較のなかの改憲論 : 日本国憲法の位置
著作者等 辻村 みよ子
書名ヨミ ヒカク ノ ナカ ノ カイケンロン : ニホンコク ケンポウ ノ イチ
書名別名 Hikaku no naka no kaikenron
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1466
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 229,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431466-0
NCID BB14535073
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22367737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想