胸さわぎの鷗外

西成彦 著

古今東西の文学を縦横無尽に論じる、比較文学者西成彦による満を持しての鴎外論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鼠坂殺人事件ほか(鼠坂殺人事件-性暴力と「恥」について
  • 老移民と皇太子-愛国心と「恥」について
  • 『鼠坂』(森鴎外)
  • 『籔の中』(後半)(芥川/龍之介))
  • 2 性欲と石炭と植民地都市-『舞姫』再考
  • 3 鴎外と漱石、そして百〓(けん)(鴎外と漱石-乃木希典の殉死をめぐる二つの文字
  • 『三四郎』の下層
  • 百〓(けん)と漱石、あるいは百〓(けん)の漱石
  • 反=三四郎の東京)
  • 4 『山椒大夫』における政治、あるいは宗教離れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 胸さわぎの鷗外
著作者等 西 成彦
書名ヨミ ムナサワギ ノ オウガイ
出版元 人文書院
刊行年月 2013.12
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-16095-4
NCID BB14524598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22388290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想