量子の匠 : 実験量子力学入門

勝本信吾 著

量子力学建設から100年の時を経て、量子を自在に扱えるようになった「匠」たちが、その技を駆使し、自然の素顔を見せてくれる。物質の波動性と粒子性、波動関数、ポテンシャル障壁とトンネル効果、粒子の統計性、角運動量やスピン、水素原子の問題…など、量子系の実験を堪能しつつ、それを理解する道具を手に入れ、量子力学を学ぶことが、本書の趣旨である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 量子の世界への招待
  • 第2章 「波」について
  • 第3章 波動力学
  • 第4章 1次元の量子力学
  • 第5章 さまざまなポテンシャル
  • 第6章 粒子の統計
  • 第7章 細いすき間を通過する電子
  • 第8章 角運動量
  • 第9章 スピン
  • 第10章 3次元中心力ポテンシャル
  • 付録A 量子力学と近似
  • 付録B 数学公式・他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子の匠 : 実験量子力学入門
著作者等 勝本 信吾
書名ヨミ リョウシ ノ タクミ : ジッケン リョウシ リキガク ニュウモン
出版元 丸善
刊行年月 2014.1
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08401-4
NCID BB14522005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22364845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想