竹取物語 伊勢物語 : 現代語訳

田辺聖子 著田辺聖子 著

『竹取物語』は、竹の中から誕生した美少女かぐや姫をめぐる求婚譚であり、仮名で書かれたわが国の最初の物語。永遠の女性に憧れる思いを描いて、日本人に今日まで永く愛読されてきた。『伊勢物語』は、一代の色好みにして歌人である在原業平の奔放な恋愛を、哀切な歌の調べと簡潔な地の文により描いた歌物語。著者の訳文は、原文の雅さをよく伝えながら、ユーモラスな味わいを出して、現代の小説を読むように楽しめる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竹取物語 伊勢物語 : 現代語訳
著作者等 田辺 聖子
書名ヨミ タケトリ モノガタリ. イセ モノガタリ : ゲンダイゴヤク
書名別名 Taketori monogatari. Ise monogatari : Gendaigoyaku
シリーズ名 文芸 234
岩波現代文庫 234
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602234-1
NCID BB14510855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22370310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
伊勢物語 田辺 聖子
竹取物語 田辺 聖子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想