歴史・祝祭・神話

山口昌男 著

著者の一大テーマであるスケープゴート(贖罪の山羊)論。中心にある権力は周辺にハタモノを対置して自らの力を正当化し、ハタモノは一時は脚光をあびるがついには排除される。歴史の中で犠牲に供されたトロツキーやメイエルホリドらの軌跡をたどり、スケープゴートを必要としそれを再生産する社会の深層構造をあぶり出す。政治という祝祭空間への独創的接近。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 鎮魂と犠牲(ガルシア・ロルカにおける死と鎮魂
  • 祝祭的世界-ジル・ド・レの武勲詩
  • 日本的バロックの原像-佐々木道誉と織田信長
  • 犠牲の論理-ヒトラー、ユダヤ人)
  • 第2部 革命のアルケオロジー(「ハタモノ」選び
  • 空位期における知性の運命
  • スターリンの病理的宇宙
  • トロツキーの記号学
  • 神話的始原児トロツキー
  • メイエルホリド殺し)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史・祝祭・神話
著作者等 今福 竜太
山口 昌男
書名ヨミ レキシ シュクサイ シンワ
書名別名 Rekishi shukusai shinwa
シリーズ名 学術 306
岩波現代文庫 306
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.1
ページ数 257,6p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600306-7
NCID BB14509743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22369422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想