呼鈴の科学 : 電子工作から物理理論へ

吉田武 著

見て感じて考える謎解きの電磁気学。数式を用いず、法則に頼らず、手を動かして、物理を見抜く。電子工作を通して回路の基礎を学び、独自の実験装置を駆使して物の理を体感していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0講 科学は観察にはじまる
  • 第1講 二種類の磁石
  • 第2講 磁石と力
  • 第3講 常識に沿って考える
  • 第4講 電子が持つ三つの顔
  • 第5講 誘導される電子
  • 第6講 呼鈴は何故鳴るか
  • 副音声-解説と補追

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呼鈴の科学 : 電子工作から物理理論へ
著作者等 吉田 武
書名ヨミ ヨビリン ノ カガク : デンシ コウサク カラ ブツリ リロン エ
書名別名 Yobirin no kagaku
シリーズ名 講談社現代新書 2244
出版元 講談社
刊行年月 2014.1
ページ数 318p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288244-6
NCID BB14470036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22361397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想