進化の弟子 : ヒトは学んで人になった

キム・ステレルニー 著 ; 田中泉吏, 中尾央, 源河亨, 菅原裕輝 訳

ネアンデルタール人が絶滅し、どうしてわれわれ人類だけがこれほどまでに豊かな文化を進化させ、繁栄することができたのか。人類進化の謎を長年追い続けてきた、エキセントリックな哲学者による渾身の著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新奇性という難題
  • 第2章 認知資本の蓄積
  • 第3章 適応した個体と適応した環境
  • 第4章 人間の協力行動様式
  • 第5章 コストとコミットメント
  • 第6章 信号、協力、学習
  • 第7章 技能から規範へ
  • 第8章 協力と対立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化の弟子 : ヒトは学んで人になった
著作者等 Sterelny, Kim
中尾 央
源河 亨
田中 泉吏
菅原 裕輝
ステレルニー キム
書名ヨミ シンカ ノ デシ : ヒト ワ マナンデ ヒト ニ ナッタ
書名別名 THE EVOLVED APPRENTICE

Shinka no deshi
シリーズ名 ジャン・ニコ講義セレクション 8
出版元 勁草書房
刊行年月 2013.12
ページ数 303,37p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-19964-8
NCID BB14468613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22352179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想