正義の偽装

佐伯啓思 著

何を信じたらよいか、何を信じるべきか。景気回復、東京五輪など楽観的ムードが漂う中、日本人の精神に何が起きているのか。「アベノミクス」という虚構、「憲法」という誤謬、「復興」という矯飾、「天皇家」への警鐘…大震災後の出来事から表出する国家のメルトダウン。民意や国民主権という幻想の下、幸福を一途に追求してきた日本に今、民主主義の断末魔が聴こえる。稀代の思想家が真理を隠す「偽善の仮面」を剥ぐ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 時代閉塞をもたらしたもの
  • 第2章 空気の支配
  • 第3章 正義の偽装と「ミンイ」大合唱
  • 第4章 領土を守るということ
  • 第5章 成文憲法は日本人の肌に合うか
  • 第6章 「石原慎太郎」という政治現象
  • 第7章 「維新の会」の志向は天皇制否定である
  • 第8章 「国民主権」という摩訶不思議
  • 第9章 「経済学」はなぜ信用されないのか
  • 第10章 「皇太子殿下、ご退位なさいませ」が炙り出したもの
  • 第11章 「砂漠の経済学」と「大地の経済学」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正義の偽装
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ セイギ ノ ギソウ
書名別名 Seigi no giso
シリーズ名 新潮新書 554
出版元 新潮社
刊行年月 2014.1
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610554-8
NCID BB14466731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22359958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想