幼年その他

福永武彦 著

「幼年」は、堀辰雄の『幼年時代』の影響の下に描かれ福永武彦の"幼くして失った母"という原風景である。そして"母"は、はかなく淡い観念として、この作家に、美しくも深く悲しい旋律を奏でる。意識と無意識、現実と夢の境を行きつ戻りつ、ロマネスクな二重奏組曲。福永文学の輝ける魅力をたたえた十編の作品集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幼年その他
著作者等 福永 武彦
書名ヨミ ヨウネン ソノタ
書名別名 Yonen sonota
シリーズ名 講談社文芸文庫 ふC8
出版元 講談社
刊行年月 2014.1
ページ数 282p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290219-9
NCID BB1446531X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22350121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想