サーカスと革命 : 道化師ラザレンコの生涯

大島幹雄 著

ロシア革命の旗手として民衆の絶大な支持を集めた「赤い道化師」ヴィターリイ・ラザレンコの波乱に満ちた生涯を追うとともに、彼の盟友としてアヴァンギャルド芸術を力強く牽引したメイエルホリド、マヤコフスキイ、エイゼンシュテインらの足跡をもたどる、臨場感あふれるドキュメント。革命期のロシアを再現する、貴重な図版約120点を収録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 一九八九年春、マヤコフスキイ広場
  • 第1章 革命と道化師
  • 第2章 メイエルホリド、マヤコフスキイとともに
  • 第3章 サーカスは陽気なサナトリウム
  • 第4章 最後の闘い
  • 第5章 ラスト・ステージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サーカスと革命 : 道化師ラザレンコの生涯
著作者等 大島 幹雄
書名ヨミ サーカス ト カクメイ : ドウケシ ラザレンコ ノ ショウガイ
出版元 水声社
刊行年月 2013.12
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89176-976-5
NCID BB14427208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22345475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想