写真論 : その社会的効用

ブルデュー ピエール【監修】<Bourdieu Pierre>;山縣 煕;山縣 直子【訳】

[目次]

  • 第1部(統一への信仰と培われた差異
  • 写真の社会的定義)
  • 第2部(美的野心と社会的渇望
  • 挿絵のレトリック
  • だまし絵と見せかけ
  • 機械仕掛の芸術、野蛮な芸術
  • 不確かな創作と確固たる美学
  • 技巧のある人と身分のある人)
  • 結論 画像と幻想(過剰充当された象徴
  • 潜在的幻想と顕在的画像
  • 悪魔祓いと昇華)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真論 : その社会的効用
著作者等 Bourdieu, Pierre
山県 煕
山県 直子
Castel Robert
山縣 直子
ブルデュー ピエール
書名ヨミ シャシンロン : ソノシャカイテキコウヨウ
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.12.20
版表示 新装版
ページ数 408,5p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-588-09974-8
NCID BB1442560X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想