農業問題

本間正義 著

TPP参加後、日本の農業はどうなるのか。改革の機運が高まり、戦後長らく続いた農業の仕組みが、いま大きく変わろうとしている。だが、減反廃止、補助金の削減、法人の農地取得、農協の機能不全、農地の転用と集積の問題など、改革に立ちはだかる問題は山積している。本書では、農業政策の第一人者がTPP後を見据え、コメ、農地、農協にまつわる問題を丁寧に解きほぐす。日本農業が生き残るためには何をすればいいのか、進むべき針路を明快に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 農業のグローバル化を考える
  • 第1章 日本の農業問題とは
  • 第2章 農政の展開と農業問題
  • 第3章 日本農業の弱点
  • 第4章 TPPと日本農業
  • 第5章 攻めの農業のために
  • 第6章 農業の可能性を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農業問題
著作者等 本間 正義
書名ヨミ ノウギョウ モンダイ : ティーピーピーゴ ノウセイ ワ コウ カワル
書名別名 TPP後、農政はこう変わる

Nogyo mondai
シリーズ名 ちくま新書 1054
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.1
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06761-6
NCID BB14401816
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22392889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想