生命と風景の哲学 : 「空間の履歴」から読み解く

桑子敏雄 著

環境思想を学問として論じてきた著者は、2000年から全国の公共事業をめぐる紛争解決の調整役として、自身の思想を実践する活動を始めた。そこで求められたのはその「空間」に向き合い、生命と風景を結ぶ確かな思想だった。その現場での思想的な営為を集大成し、3.11以後に求められる新たな環境思想を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「空間の履歴」から読み解く生命と風景-隠された「神話」の真実
  • 第1部 空間への思想(喪失感の風景-佐賀県縫ノ池と京都府上林川
  • 風景‐とともに‐あること-広重の見た風景から
  • 安土桃山の宇宙対話-エンクロージャの思想をめぐって)
  • 第2部 合意形成への思想(近代技術と身体空間-佐賀県城原川三千石堰とダム
  • 環境と景観のガバナンス-松江市大橋川周辺まちづくり
  • 境界と分断のポリシー-宮崎の海岸で)
  • 第3部 再生への思想(無病息災の幸福論-南相馬の風景から
  • 歴史のなかの倫理)
  • ふるさとのための正義論-再び南相馬の現場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命と風景の哲学 : 「空間の履歴」から読み解く
著作者等 桑子 敏雄
書名ヨミ セイメイ ト フウケイ ノ テツガク : クウカン ノ リレキ カラ ヨミトク
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.12
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-025937-8
NCID BB14400096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22357257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想