ヘルスコミュニケーション : 人々を健康にするための戦略

蝦名玲子 著

[目次]

  • 1 ヘルスコミュニケーションとは!?(脅しのEPPM理論-危機感をつのらせて、うまく行動変容できるときとは?)
  • 2 ヘルスコミュニケーションによく使われる理論や概念(行動変容のステージモデル-あせらず、段階を踏んで口説いていこう
  • 社会認知理論-個人、環境、行動の関係とは? ほか)
  • 3 ヘルスコミュニケーションの理論や概念の現場における応用(育児不安を抱え、児童虐待に発展しないか心配な母親とのコミュニケーションのとり方に悩んでいます。どのようなアプローチをすればよいのでしょうか?
  • 独自の介護観のせいで、専門職の助言をほとんど受け入れない介護者のケースに、どう対応したらよいのでしょうか? ほか)
  • 4 人々の健康に関わる第一人者から学ぶ「誇り」(インタビュー ドン・ナットビーム氏、サウサンプトン大学副総長-ヘルスコミュニケーションにおいて重要なことは、エビデンスの普及とパブリックオピニオンの拡大
  • インタビュー マイケル・マーモット卿、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ疫学公衆衛生学講座教授-研究に専念するだけでなく、「格差問題に取り組むことが任務である」という意識を持つことも重要 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘルスコミュニケーション : 人々を健康にするための戦略
著作者等 蝦名 玲子
書名ヨミ ヘルス コミュニケーション : ヒトビト オ ケンコウ ニ スル タメ ノ センリャク
出版元 ライフ出版社
刊行年月 2013.11
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-9903996-1-0
NCID BB14398019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22328516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想